まるで体を乗っ取られたかのような

PMDDは自分では感情のコントロール不可能になり、それによって社会的生活がまともに送れなくなった状態です。
つまり、本来の自分の人格を見失い人生が破たん寸前になる。症状のある女性にとってとても深刻な疾病です。

PMDDカウンセリング

みなさん、こんにちは。Holistic Remedyを主宰する森井恵子です。
私は20代半ばでPMDDを発症し、その症状に翻弄されて先行きの見えない波乱の人生の中にいました。その苦しみは今思い出してもとてもつらく、そして先の見えない暗黒の中にいるようでした。私は数年かけて、国内、海外を放浪する中で、その解決策を少しずつ見出してきました。まずは自分の体で体験し、実践し、効果を見極めてきました。
そして、症状改善につながった方法について国内や海外の論文などで理論を解明し、体系化してきました。なぜその必要があったのか。それは、私と同じ症状を持っている人は決して自分だけではないという確信があったからです。
その人たちが自分と同じように、人生の長期にわたり悩む必要がないよう、統合的な治療法をまとめたかったからです。

2014年に私がHolistic Remedyを立ち上げた時、私がPMDDを発症して8年が経っていました。そしてこれまで多くの女性と関わり、PMDDの改善のアドバイスをしてきました。私がPMDDを発症したころは、まだPMDDが疾病として認められておらず、医師の認知もありませんでした。そのため、自分で解決策を探すしかなかったのです。しかし今は、PMDDは広く認知され始め、精神科に行けば薬の処方で治るとされています。
では、PMDDは薬で治るとされているのに、なぜ私はカウンセリングをするのか?それは薬だけでは治せない「ある部分」があるからです。その「ある部分」は、絶対に人にしか治せないと私は思っています。これからPMDDについて、そして私がなぜカウンセリングにこだわるのかをご説明します。

PMSとPMDDの違い

月経前症候群Premenstrual Syndrome

月経に伴うホルモンバランスの変化により現れる様々な症状のことで、その症状は200種類以上にも及ぶとも言われています。その様々な症状が複数組み合わされて起こることが多く、その範囲は身体的症状、精神的症状のどちらもがみられます。
月経のある女性の80~90%にみられるといわれ、症状は年齢によって、また月によっても様々に変化します。

月経前不快気分障害Premenstrual Dysphoric Disorder

月経のある女性の約2~8%に起こるとされ、2013年にアメリカ精神医学会(APA)の診断基準DSM-5にて正式に精神疾患として認められました。
主に精神的な症状が顕著で、抑うつ、不安、怒り、悲しみなどの負の感情がコントロール不可能な状態にまで達してしまいます。そしてそのような症状が月経前に集中し、月経開始とともに消失するというのが大きな特徴です。

PMDDの3つの要因

脳機能の低下

脳機能の低下

感情をコントロールするのは脳から放出される様々なホルモンです。そのホルモンが正常に分泌されない、ホルモンを管理する脳細胞が健全ではないなど、脳機能が低下することでPMDDが悪化することがわかっています。この場合、感情バランスに関わるホルモン、特にセロトニンが正常に働ける体づくり、食生活などの生活習慣の改善などが必要になります。

体質

体質

実はPMDDを発症しやすい人は特有の先天的体質を持つとの研究があります。脳機能の中に先天的変異があったり、自律神経のバランスがとりにくい体質を持っていたり、また正常女性ホルモン値に対して過剰に反応する体質を持っていたりします。この場合、先天的体質を変えることはとても難しいのですが、自律神経の働きを整えるということが、症状改善のためにとても大きな要素となります。

心理的ストレス

心理的ストレス

ストレスはとても大きな起爆剤となります。しかも、そのストレスは現在感じているものだけではなく、過去に蓄積されてきたものにまで及びます。また、トラウマや思考のクセも強く影響します。特に幼少期から積み重なる要因は自身で気づくこともできない程、心の奥深くに根を張り、なかなかネガティブな状態から抜け出すことができません。またACEs(幼少期逆境体験)が、PMDDの発症原因のひとつとも言われています。

PMDDを解決するには

近年、精神科ではPMDDの治療が可能になっています。その際、多くの場合SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)という薬が第一選択薬となります。脳のホルモンバランスを整えるという意味では効果的で、短期的な服用で症状が改善できる人もいます。しかし、薬だけによる治療は、上記の3つの要素の中で「脳機能」だけを整えることになります。

 

また、最近ではPMDDの治療としてピルを処方されることも増えています。ピルでホルモン値を抑制することで症状を改善する目的ですが、効果には個人差が大きいのと、ピル服用による様々なデメリットを知らないまま飲み続けることで症状が悪化することも懸念されます。ピルをやめた後に症状がぶり返す方も多く、PMDDの解決法としては一時的な対処療法となります。

 

まず、PMDDを根本解決するには体質改善が不可欠となります。PMDDの場合、症状を引き起こしやすい体質を持っている場合が多くみられ、また脳機能やホルモンバランスに必要な栄養素が欠乏していることがほとんどです。つまりPMDDを改善するためには肉体や脳機能のシステムを正常な状態に再構築する必要があります。

 

そして心理的な問題を解決をするには、これまでの記憶や経験の中にあるネガティブな状況を生み出した原因を探し出し、癒す必要があります。感情を揺り起こす作業を冷静におこなうためには、客観的な視野を持ち、状況を論理的に説明し、原因を特定できる存在が必要となります。PMDDの心理的症状を根本解決するためにカウンセリングがとても有効な手段として考えられているのはそのためです。

 

PMDDは様々な要素が複雑に絡み合う疾病です。脳機能を含む身体の機能を改善し、心理的ストレスを生み出す原因を解消することなど、多角的にアプローチすることが確実で根本的な解決につながります。

Holistic RemedyのPMDDカウンセリング

詳細にヒアリング

周りに理解されないPMDD(月経前不快気分障害)の症状は、発見が遅れるほどに症状は悪化し、そして長引きます。
もうこれ以上薬を飲みたくない…何を試してみてもダメだった… そんな悩みに対し、Holistic Remedyでは症状や体質、精神的な負担、過去の出来事などを詳細にヒアリングし、ひとりひとりに対応したきめ細やかな症状改善のアドバイスをします。

「身体面」と「精神面」の両方の解決

PMDDの症状改善には、「身体面」と「精神面」の両方の解決が必要です。
それはどちらもが相互に影響しあい、どちらもが症状の悪化にも改善にも関わる重要な要素だからです。
通常の医療では「身体面」「精神面」の両方の解決を同時に行っているところは非常に数少ないのが現状です。
Holistic Remedyでは主宰である森井恵子本人がPMDDに罹患し、思考錯誤の末に自ら治癒させた経験から得られた独自のメソッドで、「脳機能」「体質」「心理的ストレス」の3つの要因を解決するためのカウンセリングを行っています。

心理面へのアプローチ

Holistic Remedyで行っているPMDDカウンセリングの大きな特徴的は、特に心理面へのアプローチを大切にしているところです。
月経前の精神的症状は、心の奥深く、長く潜んできた心理面でのストレスやトラウマがきっかけとなり、爆発的症状を引き起こします。
また、ドラマのような出来事はなくても、幼少期から積み重ねられ、少しずつ上塗りされてきた負の感情が、思考のクセとなり、大人になってからもそのネガティブな思考のクセから抜け出せず、人生を苦しめていることがあります。

ACEs(幼少期逆境体験)はPMDDを引き起こす原因の一つとも言われ、幼少期に受けたネガティブなインパクトが成人した今も人生に大きな影響を残します。
それは本人でさえ気づかないところでずっと心の奥深くに残っています。そしてこの心の部分の解決は、薬では決して根本解決はできません。なぜなら心は人の介入によってしか解決できないからです。
そして、この介入こそが原因を明らかにし、根本的な解決に導くことができる唯一の方法なのです。Holistic Remedyではきめ細やかな問診のもと、しっかりと時間をかけて掘り下げ、根本的解決に導き、恒久的な健康を持続するためのアドバイスを行っています。

PMS・PMDDカウンセリング概要

  • 50項目以上の問診による体質診断
  • ACEsヒアリングによるトラウマ診断
  • 栄養摂食指導、サプリメントアドバイス
  • 自律神経系、運動機能向上アドバイス
  • ストレスマネジメント・認知行動コーチング
  • 代替療法による断薬・減薬アドバイス

カウンセリング後に個人に応じたパーソナル・アドバイス、PMDD改善のための資料(5~6部)をメール添付にてお渡しいたします。pdfを受け取れるメールアドレスをお知らせください。

※Holistic Remedyでは分子整合栄養学に基づいて開発された医療専門サプリメントによる栄養素の補てんも行っております。
 また、症状によっては医療機関で血液検査やエコー診査などの検査をお勧めする場合もあります。

料金

PMDDカウンセリング

180分 27,500円(税込)

パートナー・ご家族同席

210分 31,900円(税込)
  • オンライン(Zoom)での実施となります。
  • お支払いはペイパル・銀行振り込みに対応しております。
  • 2回目以降は一般カウンセリングをご利用ください。 一般カウンセリングはこちら >

カウンセリングまでの流れ

お申し込み

ご希望日時を2~3日お知らせください。

お申込みフォーム

日時の決定

ご希望日時より、カウンセラーと日程調整を行います。

お支払い

お振込み、ご入金を確認させていただきます。

招待メール

Zoomの招待メールをご送付いたします。

当日

ご予約のお時間より、カウンセリングを始めさせていただきます。

体験者の声

30代後半女性

先日はカウンセリングで色々なアドバイスを頂きまして本当に有難うございました。今回早めに生理が来たのですが、驚く程気持ちに余裕があったのです。鬱っぽくもならず、イライラもほとんどありませんでした!こんな…

30代前半女性

<カウンセリング後1か月> カウンセリングではPMDDに至った原因を親身になって、多角的に探っていただけただけではなく、分子やホルモンレベルに至るまで、具体的な解決方法を見出していただけました。カウン…

30代前半女性

これまで自分のことが好きになれませんでした。幸せの第一歩は自分を好きになること。だから私はそれを避けてきました。「私は幸せになってはいけない」と思い込んでいたことに気づきました。自分で自分を許せなかっ…